広告

『種族:樹人』になりました! web小説紹介

web小説紹介, 小説残念

『種族:樹人』になりました! ~小さな樹人は異世界で薬草探しの旅をしたい~

作者:しろう

状態: 414話 連載中

あらすじ

病弱で恵まれない子供だった主人公が
変なゲームで樹人を選んでプレイしてたらゲーム世界に転生した

感想

主人公がガチの人外という転生。
大抵はすぐ人になったり、人外でも問題ないコミュニティに入ったりするけど
この作品は見つかり次第狩られるレベルの人外で、
正体を隠しながら人間世界に混じるので割と珍しいタイプ。

この作品の肝というか、問題点は序盤から出てくる同行者。
トラブルメイカーであり、トラブルシュータ―でもあり
性格破綻者だけど世界最強で、主人公より目立ちまくるので、
このキャラが受け入れられなかったら読めないと思う。

そして受け入れられ辛いキャラでもある。

普段は飄々としてるけどキレたら最強で、
主人公を溺愛してて他の存在はゴミだと思ってる。

『私、キレたら怖いよ(暗黒微笑)』
『俺って暴れたら手が付けられないらしい。
 記憶ないんだけどさw』

こういう事言う人の理想みたいなキャラというと分かってもらえるだろうか。
序盤からそこそこキモイけど、話が進むと更に加速してくる。
私は170話ぐらいまででギブしました。

樹人という試みは面白かったと思う。
この同行者無しの話を読んでみたいと思うけど、
おそらく作者からしたら
主人公と同行者のベタベタこそが書きたい所だろうから
無理な前提かもしれない。

この同行者がハマる人からすると最高の物語かも知れない。

『種族:樹人』になりました! ~小さな樹人は異世界で薬草探しの旅をしたい~