広告

2/20 残り10戦 船長小林の完璧な打ちまわし Mリーグ感想

麻雀, Mリーグ

東家 麻雀格闘倶楽部 前原雄大
南家 パイレーツ   小林剛
西家 EX風林火山   勝又健志
北家 チーム雷電   黒沢咲

これが終われば残り10戦
いよいよ終盤に入ってきた大事な一戦

東一局、小林の跳満ツモからスタート
これが開幕狼煙とばかりに大物手の殴り合いに

東二局は前原が黒沢から12000
東三局は勝又が4000オール
東四局は小林が前原から12000

南場に入り流局が続くも三本場となった南一局を制したのも小林
10002000の自摸上がりで点棒を増やし
親番でも5800の上がり

並びは決まったかと思われたが南三局、
勝又が黒沢とのめくり合いに負け12000の直撃

更にオーラスでも黒沢に連続の12000放銃
ずっと二着目に付けていた勝又が最後に撃沈

小林が抜けたトップを取った半荘だったが
光ったのは攻めよりも守り。
他家にも大物手は何度となく入っていたが小林は完璧にかわし切った
上がった局はついてたと思うが
そうでない局の打ちまわしに凄さがあった

一位 小林 二位 前原 三位 黒沢 四位 勝又